紫外線スタイル
 

紫外線のチカラ

私たちは、太陽があることで昼と夜の生活を送ることができます。ほとんどの人は、日中に起きていることが多いですよね。起きている間は太陽の光を浴びています。その中で、気をつけなければならないのが、紫外線です。

紫外線に注意?

日本は季節の気候が激しく変化する国で、太陽光の強さも夏と冬では大きな差があります。太陽の光の中に含まれる紫外線は、私たち人間の目には見えない光線です。そのため、どれだけ日に当たっていると肌が焼けてしまうのか、体に害を及ぼすのかは実際に感じ取ることはできません。

紫外線の波長

私たちが目に見える太陽からの光をすべてあらわしているのが虹です。きっと誰もが目にしたことのある虹色は、赤から紫にかけての色から作り出されています。見えている色の赤は光の波長が長く、紫は赤よりも波長が短いのです。紫色よりも波長が短い光を紫外線、X線、ガンマ線と呼んでいます。波長が短くなるに連れて、私たちの体に悪影響を及ぼすことが確認されています。

紫外線があると?

紫外線が私たちの身体の皮膚に当たると、熱を帯びて焦げてしまいます。焦げるといっても、真っ黒になるわけではなく少し茶色っぽくなってしまう人が日本人には多いです。人間が進化して今の身体を作り出すまでの過程では、長い年月をかけてきました。気温の高く太陽光がよく当たる地域の人は、もともと皮膚の色が茶色から黒っぽい色になっていますよね。また、寒い地方の人は白い肌と、太陽と共にそれぞれの生活スタイルに合わせて進化してきたのです。

必要な紫外線

紫外線のUVC波は、オゾン層によって地表には光が届かないのですが、波長が短くとても殺菌能力の高い光線です。UVCの力を人工的に利用して、除菌や殺菌を行うことができます。よく用いられているのは、食品や薬品などの微生物除去です。また、紫外線よりも短い波長のX線などは、医療にもよく用いられていますよね。太陽の光から研究されて使われるようになった人工的な紫外線には、人間にとって必要不可欠な存在なのです。

害のある紫外線

紫外線が身体に良くないという理由のひとつとしては、DNAや細胞を壊してしまう恐れがあることです。太陽からの光であれば、たいていの人は耐えられる皮膚を持っているので外に出ても大丈夫なのですが、長時間となると皮膚表面の細胞が徐々に失われていきます。数日で衰えていた細胞が復活してくるのですが、毎日紫外線を浴びていると身体が追いつかずに疲労や病気の原因となることがわかっています。

老化を早める?!

一生のうちで、紫外線を直接皮膚に浴びている人ほど、老化が早いという現象が起きます。おじいちゃんやおばあちゃんの中でも、シワの深い人や、シミが多く出てしまっている人は若いうちに紫外線をたくさん浴びてきていたのでしょう。もちろん、生きていくうえで紫外線を浴びないということは、ありませんが出来るだけ身体に悪いことは避けたいものです。

紫外線から体を守ろう!

紫外線の光によってシミができやすくなったり、老化が早まったりする原因と聞くとそれを回避したくなりますよね。紫外線対策を行って、健康な肌と身体を保ちましょう。

紫外線対策グッズを上手く活用!

暑い夏には、薄着をして肌を露出していますが、紫外線の強い時期でもあります。紫外線対策をしっかりと行っていないと、肌が赤くなったりこんがりと焼けてしまったりしますね。最近では紫外線による影響に効力のある日焼け止めクリームがたくさん販売されています。クリームは必須! また、女性であれば毎日使う化粧品の中にもUVカットとなっている商品が多数あります。それらを上手く利用して、いつまでもきれいな肌できましょう♪

子どもにこそ紫外線対策を!

日中にオフィスワークをしている大人が多い中、子どもは外に出て遊んでいたり登下校を行ったりしています。公園で遊ぶことが多いのも子どもですし、皮膚がまだ薄くて弱い状態なので、紫外線による影響も強いのです。20歳になるまでに浴びる紫外線量は、一生のうち半分程度だと言われています。人によりますが、子どもが外に出る機会が多いので日焼け止めクリームを塗ってから出かける習慣を付けてあげたいものです。

紫外線
▼関連サイト