紫外線

紫外線の強い季節

夏のとても暑い時期に紫外線は多いと思われがちですが、初夏の5月から7月に1番多く降り注いでいます。暑くなってきて夏が来たと思って紫外線対策を行っても遅いのです。6月といえば、本州から下の地域では、梅雨の時期ですよね。そのため晴れている日も少なく紫外線の量をそれほど気にしないかもしれません。でも、晴天の日が少ないだけで、晴れている日の紫外線量は真夏とはほとんど変わりません。

春の紫外線

春は3月から5月にかけての時季と考えておきましょう。3月は、北の方ではまだ雪が残っているのですが、本州では桜のつぼみが膨らみ始めて春が訪れるときですよね。この頃の紫外線は、冬の間よりもずっと強くなっています。まだ暑くないから大丈夫という気持ちでいると、5月頃には1番紫外線の強い時期に入っているので日焼けをしてしまったり、シワやシミの原因となったりするのも春の紫外線対策をしていないことが多いようです。シミの原因となるUV-A波の紫外線は春になると、冬の時期の3倍にもなります。

夏の紫外線

紫外線の量は太陽の出ている時間と比例して多くなりますから、とても多いということになります。夏の気温がゆうに30℃を越える地域では、太陽光の照射量も多く紫外線もとても多いことになります。また、都会の上空ではオゾン層の破壊が目に見えて進んでいるため、より注意しなければいけません。気温が上がるに連れて紫外線量も増加していくので、春よりも身体へのダメージが大きいのです。

秋の紫外線

秋になると、気温が下がり始めて外でも過ごしやすくなってきます。夏のように太陽の日差しが強くないので、気が緩みがちですが、春と紫外線量はほとんど変わりません。UVケアを行わなくなるのは、この時期が多いため少し気を使うことが必要です。

冬の紫外線

冬は、くもりの日がとても多く太陽が出ている時間も短いので、あまり紫外線を気にならなくなります。でも、雪の積もる地方では、要注意! 太陽からの直接くる紫外線のほかに、雪に反射している紫外線も身体に届いてしまうのです。2倍の紫外線を浴びることになり、夏とほぼ変わらない量だといわれています。

紫外線の多い時間帯

紫外線の量は昼前後、10時〜14時ころが1日の中でのピークとなっています。この時間に、外に出るのであれば、天候にかかわらず紫外線対策を行うことが必要となります。ただ、1年中どの季節、時間帯を見ても、紫外線を浴びているものなのです。

日本での紫外線の強さ

日本は南北に土地が広がっているために、一概にはどこの地方で紫外線が強いとは言えません。北海道と九州では紫外線の照射量もぜんぜん違ってきます。ただ、どこにいても太陽があることには変わりないので、1年中の紫外線対策は必須なのです。ここ数十年の観測結果を見てみると年々、紫外線の照射量が増加傾向にあります。

紫外線の強い地域

紫外線の量は、太陽が高ければ高いほど強いといわれています。ということは、赤道に近い場所ほど紫外線が降り注いでいるということになります。日本が南北に広がっているため、紫外線量を比べて見ると、沖縄県では北海道の2倍も照射時間があるのです。しかし、雪の降る地域では、直接太陽からの紫外線に加えて雪の影響を受けて紫外線が倍増しているためウィンタースポーツを行うときには身体への影響が大きくなるのです。

紫外線の反射

さて、雪のある場所では紫外線が反射して日焼けしやすいのですが、他の地面ではどうなるのでしょう? 普段の生活をしているアスファルトやコンクリートの上よりも注意が必要な場所が、海や山です。砂浜では紫外線が反射しやすいので、海水浴などでは短時間でも身体への影響を受けやすいのです。また、屋外プールや海などの水面では砂浜よりも紫外線の反射が高いです。長い時間、滞在していなくても紫外線による影響が大きいため、注意が必要なのです。雪に関しては、直接太陽光からの紫外線の90%を反射してしまいます。太陽に近ければ近いほど紫外線の量が多いため、山などの標高が高い場所ではとても強い日差しを浴びることになります。山でのウィンタースポーツ時には十分に注意しましょう。

紫外線の強い季節