紫外線スタイル

しっかり紫外線対策!

日差しが強くなる夏になるとどうしても気にしてしまう紫外線。対策するためには、お金も時間もかかってしまう…。将来きれいな肌を保つためには必要なこと! ちゃんと紫外線対策をして、美しいお肌になりましょう!

日焼けを気にするのは女性だけ!?

女性は普段から紫外線対策を行う方がとても多いのですが、男性はどうでしょうか? 紫外線を浴びるのは男性も同じですよね。外での仕事をしているのは男性の方が多い気がしますが…。ただ、日焼け止め化粧品を使っている男性はとても少ないです。

年をとってから出てくる紫外線の影響

お年寄りの人の顔や身体を見てみると、シミができているということは多くありませんか? それは、紫外線によるものがほとんどなのです。紫外線が真皮まで到達してしまうためにシミができてしまっているのですよね。

子供こそ必要な紫外線対策

紫外線対策は、小さな子供のときから行わなくてはいけません。小さなときには、外で遊ぶ時間がとても多いものですよね。また、学校に行くときにはほとんどの子供が歩いています。寄り道もしてしまいますし…。お昼に仕事をしている大人の人は、帰る時間にはほとんど日が沈んでいるでしょうが、子供は学校から帰る時間は紫外線のとても強い時間帯です。高校生であれば自転車で通う生徒も多いでしょうし…。20才になるまでに、一生のうちで浴びる紫外線を半分ほど受けているだろうという研究結果が出されています。小さなうちから紫外線ケアを行う習慣をつけてあげてくださいね。

生活の場に合った日焼け止めを選ぼう!

人によっては、常に外で仕事をする人、朝の通勤時にだけ外にでる人など、生活のリズムによって太陽に当たっている時間は異なりますよね。それぞれの生活にあった日焼け止めを選ぶ必要があります。SPFやPAの表示の意味については、基本の日焼け止めを参考にしてくださいね。

通勤のみの時

仕事や学校に行くのが朝で、日中は室内で過ごすことがほとんどの場合、日焼け止めを身体に塗るのは朝ですよね。どれくらいの効果がある日焼け止めを使っているでしょうか? もし、外にでて日に当たる時間が30分から1時間程度なら、SPF15、PA++の日焼け止めをつけるだけで十分です。お昼にもう一度塗りなおしておくと、屋内で当たってしまう紫外線対策にもバッチリ効果を期待できます。

外に出たり入ったりする時

基本的には室内にいても、洗濯物を干したり買い物に出かけたりとすることはありますよね。主婦の方は特にそうでしょうか? そのようなときでも、室内にいるだけでも紫外線による影響は出てきてしまいます。SPF値の低いものでいいのでしっかりと日焼け止めを塗っておきましょう。紫外線対策のなされている化粧下地や乳液を利用するのも良いですね。

スポーツをする時

外で行うスポーツをする場合には、SPF値が30以上のものを使いましょう。PA+++のものが良いですね。長時間ではなくても、スポーツをするときに汗をかきますし、それをタオルで拭くということであれば、日焼け止めクリームの効果が半減してしまいます。ウォータープルーフのクリームであってもふき取られてしまうとムラガできるので、何度が塗りなおしてください。

アウトドア時

長時間、暑い外にでることになるアウトドア時には、SPFの値が50以上のものをお勧めします。PAは最大の+++を使ってくださいね。ウォータープルーフのものを使うと、水の中に入っても安心して紫外線対策をすることができますね。キャンプなどに行くときには、夜に日焼け止めクリームを落とすためのボディーソープなどもしっかりと準備しておきましょう。

日焼け止め効果のある化粧品を利用しましょう

女性は特に、毎日のように化粧をしていますよね。乳液や化粧下地、ファンデーションにはほとんどの製品に紫外線対策のある成分が含まれています。日焼け止めを塗らなくても、顔であれば十分に効果が得られるのです。しかし、顔は皮脂や汗が出やすい部分なので化粧直しは忘れないでくださいね。顔にSPF値の高いものを塗ると、落としにくいですし肌には良くありません。なので、毎日つかうのであればSPF20程度の効果があるファンデーションなどを利用しましょう。頬骨や鼻のあたりは、日焼けしやすい部分なので2度塗りをしておいて下さい。日が落ちたら、というか家に帰ったら、すぐに顔を洗いましょう。夏場は特に汗と化粧品が混ざっているので、ダブル洗顔後に保湿をすることも忘れないでくださいね。

しっかり紫外線対策!