紫外線スタイル

紫外線を浴びた後は?

日焼け止めを塗るのを忘れてしまったということや、紫外線対策をしたのに焼けてしまったなんていうことは良くあることですよね。日焼けをしてしまった後のケアも大切なのです。単に日焼けといっても、肌にとってはやけどと同じ症状が出てきてしまいます。

肌が赤くなったら?

日焼けによって肌が赤くなってしまったら、やけどの処置と同じようにしなければなりません。日焼けの程度にもよりますが、冷やしておくことでもずいぶん解消されます。

まずは冷やす!

熱く火照った身体にはまず、ぬるめのシャワーで冷やしましょう。身体の内部まで紫外線が浸透してしまっているので、冷やすことが先決です。水でぬらしたタオルや氷水を入れた袋を患部に当てて、火照った身体を冷やしましょう。冷たさで麻痺するほど行ってはいけませんが、痛さと赤みが引いてきたら炎症を抑えるための鎮静消炎剤の軟膏を塗ってください。軽度の日焼けであれば、これで治るはずなのです。

乾燥を防ぐ!

日焼けによる赤みが引いてきても、熱を持った部分はどんどん放出しようと水分が奪われていきます。水分を補給するために、化粧水などをたっぷりと付けておきましょう。

アロエ液

昔から、やけどにはアロエが効くといわれています。これは、研究の結果でも証明されているので、日焼けあとの化粧品などにも使われている物です。アロエ配合のジェルやクリームを塗ることで、冷やす効果も保湿効果も期待できますよ。

サンケア用品

日焼けのあとに気になるのが、シミなどの肌の老化ですね。日焼け後のケアのための商品がたくさん売られています。ハーブやアロエの効能が入っているものの他、美白用の化粧品も忘れずにしようしましょう。顔用と身体用の用品に分かれているので、ダメージを受けた部分にあわせて用意しておきましょう。

無理に皮をはがさない!

日焼けをしてしまった後は、表面の皮膚が剥がれ落ちてきます。紫外線によって、やられてしまった角質が取れてきます。無理に自分ではがしてしまうと、正常に機能している皮膚まで剥がされてしまうので、痕がまだら模様に残ることがあります。身体に不要となった皮膚は自然と剥がれてくるのでしばらくそのまま放っておいてくださいね。

ひどい場合は病院へ!

もし、日焼けの後の皮膚が赤くはれ上がってしまって痛みが引かない時、には水ぶくれができてしまった時には皮膚科へ行きましょう! 適切な処置が受けられるのは、やはり病院ですからね。飲み薬や軟膏も日焼けの程度によって、出してくれますし。子供の日焼けは後に残ってしまうかもしれないので、病院に連れて行くことがベストです。

ケガをしている時に日焼けは禁物!

小さな切り傷やにきびの後など、身体の表面に傷があったときには紫外線による日焼けはしてはいけません! 傷がある場所が日焼けをしてしまうと、その部分でメラニン色素を出す力が活発に働き始めてしまうので、痕が残りやすくなります。日焼け止めをぬれないほどの傷があるときには服を着て、紫外線を浴びないようにすることが必要となります。顔を隠すことは難しいので、帽子などで影になるようにしてくださいね。

日焼けした肌に効果がある食べ物

日焼けをしてしまった肌を正常に回復させるためには、外側から冷やして治すことと、内側から栄養をとりいれて直すことが必要です。

日焼けに効く栄養素は?

紫外線を浴びた肌は、皮膚表面の角質が失われてしまっています。そのため、回復させるための栄養を摂取することが大切なのです。ビタミンA、C、Eを多くとりましょう。ビタミンCは、日焼けに関わらず常に注意して取り入れておくと紫外線対策にもつながります。バランスの取れた食生活を送るということで、肌を健康に保つことができるのは紫外線による影響だけのことではありませんね。

食べないほうがイイ物も…

ビタミンCをとったほうが良いからといって、レモンやライムなどを取り入れることは返って逆効果となってしまいます。とってはいけない食品というのは、ソラーゲンという成分が含まれているものなのです。これは、紫外線に当たることでメラニン色素を多く作り出してしまうことがあるので、肌のためには食べないほうが良いとも言えます。また、アルコールを摂取しているときに紫外線を浴びると日焼けをしやすくなってしまいます。海でビールを飲む! ということは楽しみかもしれませんが、日焼け対策も忘れないようにしましょうね。

紫外線を浴びた後は?