紫外線スタイル

UVカットを選ぼう!

日焼け止めを塗るだけの紫外線対策は、当たり前! 服や帽子などにも紫外線防止加工の施されているものを利用することで全身を守ることができるのです。子供のときからしっかりと紫外線対策をすることが大切です。

UVカットの効果はあるの?

UVカット、紫外線対策を行うことは本当に効果があるのでしょうか? 日焼け止めを塗るのと塗らないのでは、焼け方も違いますし全く日焼けをしないということもありますね。日焼け止めに入っているUVカットの元を知ってみましょう。あなたの用途に合わせて選んでくださいね。

紫外線吸収剤って何?

日焼け止めの中には、紫外線吸収剤が含まれているものがほとんどで、名前のとおり紫外線を吸収する役目のある物質です。日焼け止めを肌に塗ることで紫外線が肌に浸透しないように表面で吸収することになるのです。紫外線吸収剤の含まれている量によってSPF値が決まっています。しかし、この薬品のせいで皮膚がかぶれてしまうこともあることがありました。最近では直接肌に触れないように吸収剤を膜で覆ってあり、肌へのトラブルがほとんど出てこないようにされています。

強い効果を期待するならば!

主に屋外で過ごす場合には、紫外線吸収剤の使われている日焼け止めクリームを使用したほうが効果を期待できます。紫外線を防ぐ力がとても強いのです。汗にも強くSPF値も高いものが多いためですが、肌に合うかどうかを確かめてから利用しましょう。肌への負担を軽減させるためにも毎日の使用はSPF値の少ないものを選びましょう。

紫外線散乱剤って何?

紫外線散乱剤は、肌に塗ることで紫外線を反射させるという効果があり、粉状のものが含まれています。日焼けをしてしまった肌の熱を外へと逃がす役割もあります。白く塗りムラのできてしまう日焼け止めクリームなどに使われていることが覆いのエスが、吸収剤よりも肌への影響が軽減されています。日焼け止めクリームの成分表示には、吸収剤が使われているかどうかが書かれているので、肌の弱い人はこちらの製品がお勧めです。

塗りなおしが大事!

肌には優しいとされている紫外線散乱剤の含まれているクリームは、落ちやすいという難点があります。肌の弱い人には向いている物なのですが、日に何度か塗りなおして使う必要があります。

こんなUVケアグッズ

紫外線対策を行うためのグッズは数多く販売されていますね。それを上手く活用して、大敵である紫外線から身体を守りましょう! 日焼け止めと併用することで紫外線対策が万全となるのです。

帽子

太陽が頭に当たってとても熱いということを防いでくれる帽子は、夏にはとても必要なものですね。子供に帽子をかぶせて外で遊ばせるのとおなじです。つばの広い帽子で顔を覆い隠すことで、紫外線が顔に当たることを防ぎましょう。UVカットのなされている防止は、通気性も考えられているものが多く、デザインも豊富です。キャスケット型の帽子などもあるので、おばさんっぽくもならずにおしゃれを楽しみながら紫外線対策が行えるアイテムのひとつです!

手袋(アームカバー)

運転をする人にとっては、腕の日焼けが気になるところではありませんか? 顔は隠れるけれど、腕はさすがに日差しを浴びてしまう…。そんな時には、車の中に手袋を置いておきましょう。日焼け止めを塗っても片方だけの腕が焼けてしまうこともありますしね。手袋といっても、肩近くまで長いアームカバーをつけることがお勧めです。

日傘

日よけといえば、カサが1番です! 日陰に常にいることができるのですから。傘の下にいるだけで、温度が3℃から5℃も違うといわれています。日傘は、カラフルなものからシックなものまでたくさんあるので、選びがいもありますし、雨のひと兼用で使うことができるものもたくさん売られています。UVカット率が高いものを選ぶことが必要ですが、暑さ防止のためには黒っぽい色であれば大丈夫です。

水着

マリンスポーツを行う人はウェットスーツなどを着るので、大体の肌の部分を隠すことができますよね。そのなかでもUVカットの施されているものを選べば紫外線から肌への影響はほとんどありません。ただ、ビキニなどを着ていると、いくら日焼け止めを塗っていても多少なりとも紫外線は肌に浸透してきてしまいます。日焼けをする時には専用オイルを塗っておきましょう。水着の後がはっきりと付いてしまうだけではなく、肌を痛めることになってしまいます。

UVカットを選ぼう